肺炎はどんな病気ですか

肺に炎症が起きる病気のことをまとめて肺炎といいます。肺炎は主に細菌やウイルスなどの病原微生物により肺が侵される病気です。肺炎には、感染源を吸い込んで発病する細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎などの感染性の肺炎と、薬剤性肺炎、アレルギー性肺炎などの非感染性の肺炎があります。肺炎の大部分は、前者の感染性肺炎です。細菌やウイルスは、呼吸をするときに鼻や口から身体の中に侵入しますが、健康な人は、のどでこれらの病原菌を排除します。しかし、風邪をひいてのどに炎症が起こっていると、病原菌が素通りして肺に入ってしまい炎症を起こしてしまいます。
肺炎の症状について
肺炎の症状は、気づきにくいことがあります。現在、肺炎は、日本人の死因の中で、がん、心疾患に続いて第3位となり、肺炎で亡くなる方は年間で約12万人に達します。その内の97パーセントが65歳以上です。
肺の病気、肺の炎症なので、呼吸症状が主体です。すなわち、咳や痰、ゼーゼー「喘鳴」などです。さらに、炎症の全身反応として、発熱して、食欲が低下し、水分も取れなくなって脱水症状を起こすこともあります。ひどい肺炎では、呼吸困難をきたして人工呼吸器を必要とすることもあります。昨年世界を震かんさせた重症急性呼吸器症候群も、重症の肺炎「間質性肺炎」を起こして患者さんが亡くなりました。
ただ、生まれて間もない赤ちゃんでは、あまり咳も出ないで、突然ショック状態や高熱、チアノーゼ「顔色が紫色になる」を起こし、レントゲン写真で初めて肺炎と診断されることもあります。また、高齢者でも食欲不振や元気がないなどの症状のみが前面に出る場合があるので注意が必要です。

肺炎の原因について

肺炎は、細菌やウィルスなどの病気を引き落とす微生物が肺に入って、感染、炎症を起こしている状態のことを言います。病原微生物が原因の肺炎は、細菌によるものとウィルスによるもの、さらに両者の中間のような存在であるマイコプラズマやクラミジアといった微生物によって引き起こされるものの三種類に大きく分けられます。

肺炎の治療について

肺炎の治療法は病原微生物を死滅させる抗菌薬を用いるのが一般的です。同時に症状を軽減させるために解熱剤、去痰薬、咳止め、気管支拡張剤などを用いることもあります。肺炎の重症度に応じて、外来通院での治療か、入院治療かが変わります。軽症の場合は外来通院で抗菌薬を経口投与することで一週間程度で治ることもあります。重症の場合は、入院治療で点滴による抗菌薬の投与が行われます。
肺炎は原因の病原微生物によって効果がある薬が異なります。原因菌を特定するまでに時間がかかるため、通常は効果がありそうな薬を二種類以上投与して、熱の経過やCRPの数値の変化を見ます。細菌が原因の肺炎にはペニシリン系、セフェム系抗生物質を投与します。最近は、これらの抗生物質に耐性のある菌が増えたため、効果が見られないこともあります。ウィルス性肺炎は細菌ではないので、直接効く抗生物質はまだありません。インフルエンザウィルスの場合は抗ウィルス薬を投与します。非定型肺炎の場合はマイコプラズマ、レジオネラなどの病原微生物が原因の肺炎には、ペニシリンやセフェム系抗生剤は効きません。テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系抗生物質が使用されます。

オススメ情報サイト

レビトラやシアリスでED治療若い世代でEDを発症する男性が増加傾向にあります。EDの発症率は40~45歳で16%、56~60歳になると47%、61~65歳になると実に57%に上るといわれています。そして、20~30歳代の若い世代でも、20人に1人がED勃起不全を発症しているという報告があり、一概に「ED=中高年の病気」とはいえなくなってきているようです。
ペニス増大に抜群の人気を誇る精力剤や精力増強剤がありクリックして詳細をご覧ください。70歳以上、80歳代!年齢問わず高齢者、中高年、加齢、老人、若者、若年性と年齢関係なしに効果のある最高級の精力剤販売!セックスを最後まで楽める精力・体力が自信に繋がる、人気精力剤だけを厳選して一覧にしました。
特に仮性包茎の人は亀頭を包む「包皮」に性感帯があると考えられており、手術によってこの包皮を除去する事によって早漏を効果的に改善できると言われています。また、仮性包茎でない人でも最近では亀頭に直で塗って快感を抑える薬が一般販売されているので、そういった薬を上手く活用する事で媚薬早漏を効果的に改善していく事が出来ます。
レビトラというED治療薬を、バイアグラやシアリスと比較したいという方は、こちらをご覧ください。レビトラ効果、持続、食事の影響、副作用、費用など各項目ごとに3種を比較して表にしています。最後にはまとめの表も。3種を比較して自分に合った治療薬を探したい方は是非どうぞ。

Copyright© 2012-2013 肺炎の情報を扱うブログ All Rights Reserved.